“神の手”による豊かな空間

”神の手”とは大げさかも知れませんが、お客さんから実際にこのような評価をいただく事があります。お施主さんから直接、というより私の手がけた物件を複数ご覧になっているお客さんから。「なんだかよく解らないけど心地良い」、「空間が上手く出来ている」などなど。そこに住むお施主さんにとっては当たり前の我が家なので、生活しながらそれを意識する事は無いのかも知れませんが、他者の手がけた家と比べると感じるのかも知れません。

その要因が、モジュールに忠実なプランニングによるものなのか、可能な限りコンパクトにまとめる事で生まれるものなのか、極力抑えた高さによるものなのか、はたまた私自身の”人となり”が醸し出すものなのか、残念ながら私自身もハッキリとは解っていません。

是非、実物件をご覧になって感じて頂ければ幸いです。

PAGE TOP