木摺り板

「美咲の家Ⅲ」では外壁の下地造作真っ最中。独立後は初めて施工する伝統工法「りしん搔き落とし」の下地です。

縦胴縁で通気層を確保した上に”木摺り(きずり)板”とか”ラス板”と呼ばれる板材を、隙間を空けながら張っています。

”日本家屋”って感じで美しいですね♪ 中から見ても美しい。垂木もそうですが見えなくなってしまうのが勿体ないですね^_^;

この工法を採用して頂けた機会に感謝ですね。仕上げの工程が楽しみです。

 

外では板金屋根工事がほぼ完了。

それにしてもデカイ屋根でしたが、今年は梅雨入りが遅くて助かりました。梅雨入り前に鼻隠・破風板金まで完了しちゃいたいところですね。

 

こちらのお宅は施工図を要す要所がまだまだ盛りだくさん。そろそろ気合を入れていきますよ。

関連記事

最近の記事

  1. 2024.07.18

    生産性高め?
  2. 2024.07.10

    ステッカー
  3. 2024.07.7

    『flow place』
  4. 2024.07.4

    実家の近く♪
  5. 2024.07.3

    『鶴の間』
  6. 2024.07.1

    秘密兵器!
PAGE TOP