洗面室を充実させる

”洗面室”とは様々な機能が詰め込まれた場所となります。

一般的には”脱衣室”を兼ね、浴室とセットで計画されます。また、大抵は洗濯機が置かれ、つまりは”洗濯室”でもあり、その場で洗濯物を室内干しするなら”物干し室”でもあります。さらに毎日洗面化粧台の前でお化粧をするなら、そこは”化粧室”でもあります。

これらは生活スタイルにより異なるため、必要な広さは家それぞれですが、いずれにしてもその部屋に必要な物は多くなりがちなものです。掃除道具や洗剤のストック、石鹸やシャンプーのストック、化粧道具、はたまたタオルや下着類など、おそらく洗面化粧台に備え付けられた収納だけでは収納しきれないでしょう。

今一度どのような使い方をするかを見つめ直していただき、必要な広さを確保したうえ、室内に物入を、もしくは隣接した納戸のような空間を設けてはいかがでしょうか。

3帖の”洗面・脱衣・化粧・洗濯室”の奥に2帖の納戸を設けた例。 洗面化粧台の引き出しと三面鏡だけでは必要な物は到底収納しきれない。

PAGE TOP