自分で設計したものは自分で納める

諸事情により未完成だったバルコニーがついに完成しました!

以前チラッと触れたナゾの鉄骨部材(→絵に描いた餅?)はこの骨組みなのでした。

こうして出来上がったものを外から見れば何てこと無いように見えてしまいますが、ホントに考えに考え抜いたのです(^^;

何が大変って、この出隅↓

あくまでもデザイン・意匠的なもので、玄関両枠の柱型を周りより少し高く伸ばしたかったワケですが、これにより、ただでさえ防水が絡むうえに板金・タイルを含め、この周辺の納まりがかなりトリッキーに。同じようなガラス張りのバルコニー手摺はアルミ製の建材メーカーにラインナップされていますが、その類いの既製品では絶対に納まりません。出隅に束(柱)が立てられないから。そもそもがこういう設計するなよ、って話ですが、自分で設計した物は必ず自分で納めます!!

ということで、見た目も考慮しつつ、出隅に束が無く跳ね出しているのがミソだったワケです。

そして本日ジャストカットの強化ガラスを取り付けて完成。ボルト孔の位置も完璧でした!考える時間、また制作納期も要したバルコニー手摺ですが、無事に完成出来て良かった(^^♪

完成まで時間が掛かったバルコニーでしたが、そうこうしている間に大外構工事もほぼ完了。最後に材料が足りなくなった石張り数枚を残すのみ。

内観は撮影済みですが、天気の良い日に外観も撮影させて頂いて、そのうち施工事例にUPしますのでお楽しみに♪

関連記事

最近の記事

  1. 2024.07.18

    生産性高め?
  2. 2024.07.10

    ステッカー
  3. 2024.07.7

    『flow place』
  4. 2024.07.4

    実家の近く♪
  5. 2024.07.3

    『鶴の間』
  6. 2024.07.1

    秘密兵器!
PAGE TOP