混構造

今日は配筋検査をしてきました。

言うほど大袈裟なものではありませんが、新築二棟目の物件は木造一部鉄骨造の混構造です。

鉄骨の柱脚部は剛接合の独立基礎。木造住宅ではまず見かけない1,500mm×1,500mmのでっかい独立基礎です。

その他木造部分も、住宅ではなく土間が床になるため、コストを考慮した少々変わったベタ基礎を。

 

このベタ基礎は過去に何度かやった事がありますが、私自身鉄骨造は経験に乏しいため、念のため構造屋さんに構造計算をお願いしたのでした。

現在別の場所で鉄骨柱の制作や材木の先行加工中、10月中旬建て方(上棟)予定です。お楽しみに♪

関連記事

最近の記事

  1. 2021.07.20

    最大の難関
  2. 2021.07.10

    秘密基地
  3. 2021.07.2

    Pタイル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。