カネピタ

今日は”暑かった”ですね。今日は朝からほとんど現場でしたがずっと半袖でした。

赤城山がよく見える現場では今日から基礎着工、水盛遣り方を行いました。暑かったけど今日は赤城おろしの洗礼を受けなくてよかった♪

今回は新しい業者さんに基礎工事をお願いしているのですが、そこで登場したのが「カネピタ」という矩(直角)を出すための道具。

これまでは矩を出す時は当たり前のようにトランシットという測量機器を使用していましたが、実は昨年たまたま、馴染みの職人さんも一度だけ使っているのを見た事があったこの「カネピタ」。初めて見た私は当然「なにコレ!?」(^^;

思いがけず出てきたカネピタに、少しだけテンションが上がってしまいました(^^;

二等辺三角形の定理を利用した、実にアナログな道具ですが、あっという間に矩を出す事が出来ます。

私を含めて普段から使い慣れていない人がやると、トランシットを現場にセットするだけで5分も10分も掛かってしまいますが、このカネピタを使えばものの1~2分で矩が出せるのです。

そしてアナログなだけに驚くほど正確!これがあれば一人でも矩が出せます。一つ持っておきたいです。

ということで、簡単に矩が出せたところで、はりきって進めていきましょう♪

 

関連記事

最近の記事

  1. 2024.07.18

    生産性高め?
  2. 2024.07.10

    ステッカー
  3. 2024.07.7

    『flow place』
  4. 2024.07.4

    実家の近く♪
  5. 2024.07.3

    『鶴の間』
  6. 2024.07.1

    秘密兵器!
PAGE TOP